車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

自動車保険の利用とベストな選択方法

f:id:tkn2w:20170803091608j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】



誰もが利用している自動車。しかしながら自動車が壊れたり、故障したり、或いは事故を起こしてしまったり。そんな時JAFも良いですが、
基本的には自動車保険に加入されている方が大半ではないでしょうか。今回はそんな自動車保険について詳しく触れて行きたいと思います。


自動車保険の内容について



私も自動車保険会社相当変えてきました。そして何とか年々安く済むようになって来ています。若気の至りを少し報告しておくと、
20代前半の頃何度か自損事故を起こしその年の保険料が40万とかなったこともざらでした。今考えると非常に苦い経験でした。
しかしながら今思えばこの経験があったから今ここまで自動車保険に拘って、保証内容に拘って入るようになったのだと思います。
最低限確保したい内容は対人・対物の無制限。これは絶対です。そして車両保険は基本は入らない。25までは入っておいた方が
良いかもしれませんが、おそらくですが、25を超えてから事故はもらいも自損も圧倒的にこの頃から減ってくるはずです。
そこから車両保険を抜く。そして年齢が26歳から変わるので、25歳で車両保険を抜いて、26歳の年齢の等級に掛かればそれだけで
結構保険料は下がります。後はネット保険会社にする。できれば外資。外資は国内比べて安価になっています。
またネットで入ればネット割引が適用されおそらく1万が変わります。


実際の比較



私が現在入っているのはSBI損保です。先ずダイレクト損保からスタートしました。事故対応、並びにネットのシステム、
電話対応など全て厳しいなと思ったので断念。その次三井ダイレクト損保にするも、こちらも電話対応など悪く断念。
そして今のSBI損保に至りました。内容・金額・応対など含めて総合的に高いレベルを提供してくれているのが、
SBI損保さんかなと私は思っています。この所の任意保険の利用で継続しようかなと思ったのはSBI損保さんが初なので、
だいぶ良かったかなと思います。ただ年代別によって、或いは走行距離によって、或いは免許の色など、
保険料を下げる方法はいくらでもあります。保険料を下げることに主に特化して書いてしまいましたが、
補償内容を充実させる方法もあるように私は思います。後は個々の判断になって来ますが、ぜひ納得行く保険会社選びを継続して
行って頂き、なんなら今入っている保険を先ず他社と比較してお見積りされてみるかと良いと思います。
見積もり比較を提供しているサイトもあります。全ての情報をフル活用して最高の結果を生めたら良いかなと思います。

usdm.shop-pro.jp