車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

「自動車保険」と「自賠責保険」の違いを理解する

f:id:tkn2w:20170802075705j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】

「自動車保険」と「自賠責保険」の違いを理解する


自動車保険には、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険」と、個人の意思で加入する「任意保険」があります。
一般的に自動車保険と呼ばれるのは任意保険です。
任意保険は、保険各社によって保険料や補償内容が異なるので、自分に必要な補償を提供してくれる保険プランを上手に選べば、保険料を安く抑えたり、補償内容を充実させたりすることができます。
「自動車保険なんてどこも同じ」とは考えずに、このページで解説している内容をしっかりチェックして、賢く自動車保険を選ぶようにしましょう。


加入義務があり、最低限の補償を得られる「自賠責保険」


「自賠責保険」に加入しないと処分の対象になる
「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」は、「自動車損害賠償保障法」によって加入が義務付けられている保険で、あらゆる自動車が加入しなければなりません。そのため、俗に「強制保険」とも呼ばれています。
また、違反者にはきびしい罰則も設けられていて、自賠責保険に加入せずに自動車を運転すると「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」「免許停止処分(違反点数6点)」、自賠責保険証明書を車に備え付けていない場合は「30万円以下の罰金」という処分が下されます。


補償範囲や補償額が限定されています


自賠責保険は、交通事故の被害者に対する最低限の救済を主な目的とする保険です。
そのため、補償範囲は限定的で、事故の相手方の身体に関する損害しか補償の対象となりません。
つまり、相手方の物や自分の身体・物が損害を負ったとしても、保険金は支払われないのです。
また、相手方の身体に関する損害の補償額には上限が定められており、損害額が上限を超えてしまった場合は自己負担となります。
傷害による損害    120万円
後遺障害による損害    後遺障害の程度に応じた等級によって75万円~4,000万円
※神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合は「常時介護:4,000万円(第1級)」「随時介護:3,000万円(第2級)」。上記以外の後遺障害は75万円(第14級)~3,000万円(第1級)
死亡による損害    3,000万円


幅広い補償とサポート体制が整った「任意保険」


任意保険でしか補償されない損害がります
「自賠責保険」の補償は、相手方の身体に関する損害にしか適用されません。
しかし、自動車事故では、相手方の車や民家の塀を壊してしまうこともありますし、自分がケガを負ったり、最悪の場合、死亡してしまうこともあるでしょう。
また、重大な人身事故を起こしてしまうと、相手方への賠償金が多額に上るケースがあり、自賠責保険の補償上限額を大きくオーバーしてしまうことも多いのが現実ナノです。。

「任意保険」とは、上記のような自賠責保険ではカバーしきれない損害を補償する保険です

usdm.shop-pro.jp