車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

新型メルセデス・ベンツSクラスの詳細情報を公開

f:id:tkn2w:20170727082230j:plain



メルセデス・ベンツ・Sクラスはドイツの自動車メーカーのダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで展開している高級乗用車で、セダンタイプの他にSクラスクーペとリムジンのメルセデス・マイバッハ・Sクラスなどがラインナップされています。
さらに2016年6月2日にメルセデス・ベンツとしては44年ぶりとなるSクラスカブリオレが発売となり、2017年の上海モーターショーで公開された新型メルセデス・ベンツSクラスの詳細情報も分かってきました。
初代ベンツSクラスが登場したのは1972年でメルセデス・ベンツW116からSクラスと名付けられメルセデス・ベンツW116には、交通事故の衝撃を和らげるパッセンジャーセルやスポーク・ステアリングなどが初めて採用されています。


ナビゲーションデータを使った自動運転技術が採用された新型メルセデス・ベンツSクラス



新型のメルセデス・ベンツSクラスにはナビゲーションデータを使って走行中に曲がり角や、ジャンクションに接近した時に最適な速度に自動的に調整するACC機能とステアリングアシスト機能が採用されています。
さらに渋滞中に最大で30秒の停車ができ前の車が動き出すと自動的に自動的に始動を行う
追従クルーズコントロールも導入されるなど、新型メルセデス・ベンツSクラスには自律走行に向けてインテリジェントドライブがレベルアップされてています。
またデジタルロードマップの情報と画像認識で走行中の道路に設定された速度制限を認識する機能もあり、車の速度オーバーについてもディスプレイと音声でドライバーに注意を促すようになっています。



メルセデス・メルセデスがなぜ日本で人気があるのかその理由とは



日本人に人気がある外車というとメルセデス・ベンツや、BМWやフォルクスワーゲンなどを思い浮かべる方も多いと思います。
フォルクスワーゲンは販売価格も手頃で人気があり、メルセデス・ベンツとBMWは高級外車のイメージがあり富裕層から圧倒的な支持を得ています。
ではなぜメルセデス・メルセデスが日本国内で多くの人から人気があるのかその理由ですが、アメ車など外車は故障が多いというイメージを覆すほど故障が少ないことが挙げられます。
湿気が多い日本ではこれまでは外車は電気機器系などの故障が多かったのですが、メルセデス・メルセデスは故障が少ない上に堅牢で安全性にも配慮が見られます。


まとめ



新型メルセデス・ベンツSクラスにはさらに横断する歩行者をドライバーに警告するなど、事故ゼロに向けた取り組みなど乗り心地や快適性だけでなくさまざまな新基準となる技術が導入されています。
メルセデス・ベンツは購入後の販売店でのサポートもしっかりしている上に、車を買い替える際の下取り価格も他の車よりも高く有利になることも人気がある理由の一つかもしれません。