車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

「高い」と言われるディーラー車検のメリットは?

f:id:tkn2w:20170717175142j:plain


車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む


車検とは自動車検査登録制度のなかの「継続検査」のことをおもに指す別称です。
2年おき(新規登録後初回は3年)に行うもので、厳密には保安基準に適合した状態で走行可能なのかを検査することのみが「車検」の考え方です。
しかし世間一般で「ディーラーの車検代」と呼ばれているのは、継続検査と時期の被る24カ月法定点検、さらに各種整備、そして自賠責保険料や重量税などすべて含んだ、「車検点検整備代」となるのでトータルの金額がかさんできて、ディーラーに頼む車検「高い」となるのです。
厳密な車検代は検査場に払う印紙代だけとなり、あとは業者に頼むケースでは代行費用が発生します。
車検(継続検査)は、あくまで保安基準に適合し、引き続き公道を走ることができるかどうかの「検査」であって、その後も当該車両がなんのトラブルもなく走り続けることを保証するものではありません。
また法定点検を受けるのは義務でもあるのです。

車検の継続検査については、新車ディーラーの多くは、「民間車検工場」などと呼ばれる、継続検査も行える国土交通省の「指定工場」を有しており、当該車両を運輸支局の検査ラインまで持ち込む必要はありません。


それでは果たしてディーラー車検は高いものなのでしょうか。


今ではユーザー自らが運輸支局へ当該車両を持ち込む「ユーザー車検」のほかに、「格安車検業者」という専門業者や、ガソリンスタンドなど、ディーラー以外で「ディーラー車検」のようなメニューをディーラーより安い価格で提供する業者が数多くあります。
そのため近年では新車を購入した人が、このような格安車検業者へ流出するケースが目立つようになり、いまでは新車ディーラーでも「メンテナンスパック(新車購入時にあらかじめ決められた期間内のメンテナンス代を一括前払いすることで割安になるもの)」というものを設定し、顧客の囲い込みを進めています。
そのなかに初回車検(ここでは一般的なディーラー車検を指す)代(自賠責保険料や重量税、検査のために必要な印紙代など一部費用を除く)まで含むものまであるので、ディーラーでも格安車検業者の設定料金にかなり近い費用負担になっているのが現状なのです。


まとめ

現状では一概にディーラー車検が際立って高いということはなくなってきているということです。
車検(継続検査)を受けるにあたり、ユーザー車検という選択肢もあるなか、あえて業者へ依頼するときの選択肢はディーラー以外にも多岐に渡っています。

どこに車検に出すにしても、メニューの若干の違いはあるものの、大枠ではやることは一緒ともいえます。
そのなかで料金に差がつくということは、自ずとコストを削る部分は限られてくるという点です。
そのあたりの損得勘定をどう考えるかはあくまでユーザー個々の判断に任されているともいえます。