車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

新車購入とカーリースはどちらがお得

f:id:tkn2w:20170714192458j:plain



近年の若者の車離れは深刻で2015年に一般社団法人の日本自動車工業会が若者を対象に行ったアンケート調査で、車に関心を持っている若者は約30%で車に全く関心を持っていない若者も約30%いました。
さらに車を購入したいと思っているのは約40%で、車の購入を考えていないのは50%を超えていました。
また車を購入したくない理由としては車を買わなくても生活できるや、今まで以上にお金が掛かるとかお金を車以外に使いたいなどでした。
そこで今回は新車を購入しない選択肢としてカーリースがありますが、新車を購入するのとカーリースとではどちらがお得なのか検証してみます。


新車購入とカーリースはどちらがお得

 


カーリースのメリット

以前は企業向けが多かったカーリースですが最近では個人のユーザーにも、カーリースが人気で車を購入せずにカーリースにする人も増えてきています。
なぜカーリースを利用する企業向けが多いのかはカーリースだと車検や法定整備や、故障の時の修理などをする必要がないからです。
またカーリースだと会計処理も、毎月のリース料だけなので簡単だというメリットがあります。
また個人のユーザーだと頭金を用意する必要がない上に、カーリースの契約が終っても契約を更新すればまた好きな新車に乗ることができます。

カーリースのデメリット

カーローンと違ってカーリースの場合は契約が終っても、リースした車が自分の所有物にならないことです。
カーローンだとローンの支払いが終われば車が自分の所有物になりますが、カーリースの場合は車の所有権がないので車を返さないといけません。
さらにもしリースした車で事故を起こした場合は契約が残っていても、残りのリース料を支払うこともあります。
もしリースした車を自分で改造したら車を返却するときに、元の状態に戻さないといけません。



まとめ



新車を購入する大きなデメリットは頭金を用意したり、車代とは別にいろいろとお金が掛かることです。
さらにもしカーローンを利用して新車を購入すれば金利も掛かり、毎月のカーローンの支払いの他に車検代や整備代や修理代などが掛かります。
さらに保証期間が過ぎれば故障すれば全て実費ですがカーリースの場合はその点では、月々のリース料に車検代や整備代や修理代などが含まれています。
もしリースした車を買い取りたい場合は残金を支払い、自分の所有にすることもできます。