車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

医師が買えそう車を徹底検証!

f:id:tkn2w:20170713100020j:plain



弁護士や公認会計士と並び医師は、平均年収が高い職業で知られています。医師になるには高校を卒業した後に医学部がある大学や医科大学で、6年間ほど学び国家資格である医師免許の取得が求められます。
では高年収の医師になるには一体、いくらくらい掛かるのでしょうか?
一般的な金額として子供を大学の医学部に通わせるとすれば最低でも5000万円は掛かると言われていて、難易度が低い医科大学であればこの金額にプラスアルファで寄付金などで7000万円前後から1億円程度が必要であると言われています。
寄付金などを断るのは難しいようで、よほど経済的に余裕がある家庭でないと、子供を医大に通わせるのは無理でしょう。
医師になるにはそれ相応のお金が掛かりますが、医師になれば高年収が保証されている職業です。
そこで今回は医師の平均年収や、医師が買えそう車を徹底検証していきます。


気になる医師の平均年収



総務省が公表している賃金構造基本統計調査によると平成27年度の勤務医の平均年収は1098万2000円で、平均年齢は40歳で平均勤続年数は約5年で平均月収は84万8000円で年間ボーナスは80万2000円でした。平均勤続年数が短いのは国家資格である医師免許を取得しても、2年間の前期研修医がありその後も後期研修医期間があるためです。
医師のここ過去8年間の平均年収の推移を見てみると平成20年が1160万円で平成20年が1160万円で、平成21年が1143万円で平成22年が1141万円で、平成23年が1169万円で平成24年が1144万円で、平成25年が1072万円で平成26年が11543万円でした。
以前は前期研修医は無給に近かったのですが今では、前期研修医の平均年収は約300万円~400万円前後だと言われています。
ただ前期研修医期間はアルバイトをする余裕などありませんが後期研修医になると1晩で10万円になる、夜勤のアルバイトをすることもでき年収も約700万円前後だと言われています。
研修医後の医師の進路ですが大きく大学病院の医局勤務か、民間の市中病院の勤務医になるかのどちらかです。


医師が買えそうな車ってどんな車?



車の適正購入金額は年収の50%以下だと言われているので平均年収が、1098万2000円の勤務医であれば549万円以内の車であれば購入しても大丈夫なようです。
医師であれば年収も高い職業で社会的にも信用があるので、頭金が0で全額を自動車ローンで組んでもまず問題なく審査に通るでしょう。549万円以内の新車でもけっこういい車が買えそうですが、年式が新しく走行距離が少ない高年式の外車の中古車を選ぶという選択肢もあります。
新車でもあれば新車価格が381.2万円~598.9万円のトヨタ・クラウンロイヤルがお勧めで、トヨタ・クラウンロイヤルはクラウンの14代目で燃費も14.0km/Lから23.2km/Lにと大幅に向上しています。
さらにハイブリッドが採用された13代目クラウンと比べると価格が大幅に下っていて、例えば2.5ロイヤルサルーンATは全長x全幅x全高が4895×1800×1460で新車価格が447.7万円とお手頃です。
パワフルなV6エンジンが採用されスムーズな加速を実現する一方で、ハイブリッドが採用され23.2km/Lと低燃費を両立しています。


まとめ



トヨタ・クラウンロイヤルにはトヨタでは初めてとなるる新型プリクラッシュセーフティシステム「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」や「ドライブスタートコントロール(DSC)」や、「ドライブスタートコントロール(DSC)」やる「アダプティブハイビームシステム(AHS)」などの安全装備がグレードに応じて設定されています。
例えば「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」は最大で時速30km/h減速し、衝突を回避したり衝突の被害を軽減します。医師になれば国産の新車であれば、ほとんどが手が届きそうです。