車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

車のカスタマイズで真っ先に思い浮かぶ「マフラー」の役割を知っておこう! #USパーツ・USカスタム・US仕様・北米仕様・USDM・STANCE

f:id:tkn2w:20170708075646j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】



マフラー交換で個性をアピール


今時の車で個性を発揮しようと思えばエアロやマフラーといった見た目と音でアピールするしかありません。


マフラーをカスタムしたい!


車好きの人であればまずは、マフラーのカスタムを行う人も多いほど、マフラー交換が人気のチューニングの一つです。
時折、大きな排気音を鳴り響かせる車を街中で見かけることがあります。
その車のほとんどはマフラーをカスタムしている車となるのです。
それでは、マフラーを交換することによるカスタマイズはどのようなメリットがあるのでしょうか。


マフラーとはどんなもの?


マフラーとはどのような役割のある部品なのか確認しま。
まず、車のリアバンパーの下にある金属製でできた太い筒状のものがマフラーです。
マフラーとはクルマの排気管(エキゾーストパイプ)の一部であり「消音器」を指します。
消音効果をもたらすことから「サイレンサー」と呼ばれることもあります。


マフラーには様々な種類がある


一般的にマフラーはエンジンの方式や排気量に応じてサイズや形状が異なり、様々な種類のマフラーがあります。
純正のマフラーはスチール製が多く、古くなってくると中が錆びてしまって、穴が空いて排ガスが漏れてしまうことになります。
しかし、スポーツカーやスーパーカーだとステンレス製・チタン製などといった高価な素材を使っているため、錆びに強く、見た目や排気音も迫力があるため人気があるのです。



消音効果がある


マフラーの本来の役割は「消音」です。
エンジンから排出される排気音はそのままだと大変な騒音になりかねません。
そのため、マフラーの内部には、グラスウールという吸音素材を中に入っていたり、仕切板が数枚並べられて消音させているのです。


有毒物質の除去


エンジンから吐き出される燃焼排気ガスに含まれる炭化水素、一酸化炭素、窒素化合物など、様々な有毒な物質を除去する役割もあります。


エンジン特性の調整ができる


排気ガスを効率よく整流して吐き出す役目があり、エンジン特性を調整することができます。
エンジンの特性を調整できるということは、排気効率をあげると最高出力は上がりますが、トルクがなくなってドライバビリティに影響が出てしまいます。高速寄りに特化するか、中低速に特化するのか、マフラーで調整することができるということです。


肝心のマフラー交換を行うとパワーアップできる


走行を楽しみたいというスポーツ派の人であれば、排気効率を求めてマフラー交換をする人が多いと思います。
排気効率を高めるとエンジン特性がパワーアップします。
キャタライザーよりも後ろのパーツであるマフラーを交換するだけで排気効率が格段にパワーアップするので、手軽にパワーアップをしたい人にマフラー交換はおすすめです。
しかし、大排気量の車に細いマフラーをつけてもパワーダウン、フィーリングの低下を招いてしまい、逆に排気量の少ない車に太いマフラーをつけてもパワーダウン、トルクダウンを招いてしまいます。
この点をよく理解してマフラーを選びましょう。

usdm.shop-pro.jp