車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

タバコの煙を効率良く車外に逃がす方法

タバコの煙を効率良く車外に逃がす方法
街中でも喫煙スペースが少なくなり、タバコを吸える場所といえば車の中ぐらいになってしまいました。
しかし、喫煙者とはいっても車内にタバコの煙が残り続けるのはイヤなものです。
同乗してくれる人がタバコ嫌いなら尚更ですね。
そのようなな時は、窓の開け方をちょっと工夫するだけで、簡単に煙を車外に逃がす事ができるのです。
運転席でタバコを吸っている場合でしたら、運転席側の窓を15cm程開ける、対角の席の窓を5cm程開ける。
助手席でタバコを吸っている場合は、吸っている席の窓を15cm程開ける、対角の席の窓を5cm程開ける。
なぜこのような窓の開け方をするのかと言うと、空気は気圧が高い方から低い方へと流れていくのです。
車を走らせていると車外の気圧は低くなります。
車内との気圧差ができますから、窓の開け方を工夫する事で、車内に空気の流れをつくって煙を車外に逃がすことができるというわけです。