車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

自動車税納付で得をする方法とお得なクレジットカードを紹介します

f:id:tkn2w:20170625134406j:plain



日本国民の三大義務といえば、「勤労の義務」、「教育を受けさせる義務」、「納税の義務」です。
マイカーを持っている人は、当然ですが自動車税の納税の義務があるのです。
義務ですから、し方ありませんが、同じ納税をするならできるだけ納税者にとってお得な納付方法を選びたいものです。


そこで今回は、自動車税のお得な納税方法について紹介します。


自動車税のお得な納付方法
①クレジットカード払い
公金払い専用サイトにアクセスをして、そこで納付書の情報を入力するとクレジットカード払いが可能となります。
手持ちの現金がなくても、カードの引き落とし日までにお金を準備すればいいので、キャッシュフローに余裕が生まれるのがこの方法のメリットです。

②コンビニで電子マネー払い
納付場所はコンビニのレジになります。
電子マネーを利用することによって自動車税の納付ができるコンビニが一部あるのです。


自動車税納付で得をするお得なクレジットカードを紹介します


カード払いのメリット
カード払いには以下のようなメリットがあります。
・実際の引き落としまでの猶予がある(リボ払い専用カードならリボ払いも可能)
・カード会社のポイントが貯まる
・Yahoo!JAPAN IDでログインすれば、Tポイントを支払いに利用できる
以上のようなメリットがあります

ただし、以下のような点には注意しましょう。
・自治体によって300円程度の決済手数料がかかる
・納税確認に2週間程度かかるため車検間近の人にはお勧めできない
・納付後の変更や取り消しは納付先の自治体に相談を
・納付期限を過ぎると利用できない場合もある
・取り扱いのない自治体もある
以上の点に注意が必要です。

カード払いにおすすめのクレジットカード
専用サイトを使った納付でおすすめのクレジットカードは、以下のカードです。


①P-one Wiz

納税額の1%分のキャッシュバックに加えて、貯まったポイントを納税額の0.5%分のTポイントに交換できます。
貯まったTポイントは公金払いの支払いにも使えます。
さらに、万が一お金を用立てられなさそうであればリボ払いにもできます。


②エポスゴールドカード


このカードには「選べるポイントアップショップ」という制度があります。
「Yahoo!公金払い」を選択すると、ポイント還元率が0.5%→1.5%にアップするのが特徴です。


もう一つのお得な納付方法は、電子マネーを使った納付です。


電子マネー納付の流れ


①納付書と電子マネーを持って、セブンイレブンかミニストップのレジへ行く
②レジスタッフに納付書を渡し、「電子マネー払いで」と伝える
③カードリーダーにタッチして支払い完了

電子マネー納付のメリットと注意点
電子マネー納付には以下のようなメリットがあります。
・専用サイトを使った納付より簡単
・手数料がかからない
・24時間365日納付できる
・多くの自治体の納付書に対応

ただし、以下の点に注意しましょう。
・セブンイレブンでは「nanaco」、ミニストップでは「WAON」しか利用できない
・電子マネー利用時のポイントは貯まらない

自動車税の納付期限は5月31日で、納付期限を過ぎると延滞金が発生します。
せっかくのお得分も延滞金で吹っ飛んでしまいますので、くれぐれも納付期限内に支払ようにしましょう。