車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

50代前半で買えそう車を徹底検証!

f:id:tkn2w:20170617141703j:plain



定年退職が60歳から会社との再雇用契約を行うことで、希望すればだれでも65歳まで働けるようになりました。
そのため昔であれば50代前半だと好きな趣味や、旅行をするのを楽しみに定年退職まで働くのが普通でした。
ところが今の時代は年金の支給年齢も上がり、65歳を過ぎても働かないと生活できない人が増えています。
会社を退職しても働くためには健康な身体と、50代前半くらいから定年退職後に何をするか入念に計画を立てて準備することです。
さて今回はそんな50代前半の方が、買えそう車を徹底検証していきます。



50前半の平均年収って一体どのくらいなの?




国税庁が公表している2015年度の民間給与実態統計調査によると50歳~54歳の50前半の平均年収は496万円で、50歳代前半の男性の平均年収は655万円で50歳代前半の女性の平均年収は291万円でした。
これは50歳代前半の男性は会社の重要なポストに就いていることが多いのに対して、女性の場合は男性と違って非正規雇用のパートやアルバイトが多いからです。
また50代前半のここ10年間の平均年収の推移を見ると2007年の50前半の平均年収は667万円で、2008年が670万円で2009年が629万円で2010年が649万円で、2011年が641万円で2012年が634万円で2013年が649万円でした。1997年の50前半の平均年収は737万円で、ここ10年以上も下落傾向が続いています。
また厚生労働省が公表している2016年度の賃金構造基本統計調査によると、都道府県別年齢別年収が掲載されていて東京都の50歳の男性の平均年収は857万円で、51歳の平均年収は866万円で52歳の平均年収は875万円で、53歳の平均年収は876万円で54歳の平均年収は874万円です。


50代前半だとどんな車が買えそうなのか?



50前半の平均年収と一概に言っても男性と女性でも格差があり、東京都と他の地域とでもかなりの格差があるようです。
車の適正購入金額は年収の50%以下なので50代前半の男女合計の平均年収は496万円なので、50代前半であれば248万円以内の車であれば購入しても大丈夫なようです。
ただ同じ50代前半でも男性と女性では平均年収もかなりの格差があり、50歳代前半の男性の平均年収は655万円なので327万円以内の車が買えそうで、40歳代前半の女性の平均年収は291万円なので145万円以内の車が買えそうです。
そこでお洒落な50歳代前半の男性にお勧めなのがマツダのアクセラハイブリッドで、アクセラはファミリアの事実上の後継車で新車価格は247~287万円なので、50歳代前半の男性であれば経費を入れても十分に買えそうです。
マツダのアクセラハイブリッドは日本の自動車メーカーとして初めてガソリンエンジンと、ディーゼルエンジンとハイブリッドシステムの3種類のパワートレインを同じ車種に導入しています。
バリエーションとして5ドアハッチバックのアクセラスポーツに4ドアセダンのアクセラにハイブリッドモデルのアクセラハイブリッドがあり、国内向けのアクセラでは初めてSH-VPTR型ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」や先進安全技術の「i‐ACTIVSENSE」が装備されています。


まとめ



ハイブリッドカーの新車であれば税金面の優遇もあり、下取りに出しても高値で引き取ってくれます。
またマツダのアクセラハイブリッドは安全性の面でも事故を未然に防止するアクティブセーフティ技術や、事故に遭遇するリスクや仮に事故に遭遇しても被害を軽減してくれる、衝突被害軽減ブレーキ導入されているので安心です。