車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

40代後半で買えそう車を徹底検証!

f:id:tkn2w:20170617141539j:plain



昔であればサラリーマンで40代後半ならば部長などの役職に就き、最も仕事に注力している年齢のはずです。
ところが今の時代は40代後半で会社をリストラされ転職を余儀なくされ、再就職先を探してもなかなか見つからないような時代です。
40代後半で部長職に就ければ良いのですが部長のポストも限られているので、40代後半で部長になれないとリストラの対象になる可能性もあります。
それでも40代後半でキャリアアップし高年収で、活躍している人も少なくありません。
そこで今回は40代後半であれば、どんな車を買えそうか徹底検証していきます。


40後半の平均年収って一体どのくらいなの?



国税庁が公表している2015年度の民間給与実態統計調査によると45歳~49歳の40後半の平均年収は486万円で、40歳代後半の男性の平均年収は628万円で40歳代後半の女性の平均年収は289万円でした。
これを見る限りでは40歳代後半の女性の平均年収は40歳代前半よりも若干ですが下がっているので、男性と女性の平均年収の格差がさらに広がっています。
これは40歳代後半の男性の場合は重要なプロジェクトなどの要職に就くことが多いのに対して、40歳代後半の女性のの場合はほとんどが非正規雇用のパートやアルバイトだからです。
また40代後半のここ10年間の平均年収の推移を見ると1997年の695万円をピークに減少傾向が続いていて、2009年が最も少なくその後もほぼ横ばい状態です。
また2016年度の賃金構造基本統計調査によると、都道府県別年齢別年収が掲載されていて東京都の45歳の男性の平均年収は782万円でした。
46歳の東京都の男性の平均年収は803万円で47歳の平均年収は825万円で、48歳の平均年収は839万円で49歳の平均年収は848万円でした。
同じ40歳代後半の男性でも地方だと平均年収が、400万円以下の県も多く地域の格差も相当あるようです。


40代後半だとどんな車が買えそうなのか?


車の適正購入金額は年収の50%以下なので40代後半の男女合計の平均年収は486万円なので、40代後半であれば243万円以内の車であれば購入しても大丈夫なようです。
ただ同じ40代後半でも男性と女性では平均年収もかなりの格差があり、40歳代後半の男性の平均年収は628万円なので314万円以内の車が買えそうで、40歳代後半の女性の平均年収は289万円なので144万円以内の車が買えそうです。
40歳代後半の男性であれば国産車であれば新車を買うことができ、外車でもメーカーや車種を選べば新車を買うことが可能です。
300万円以内で買うことができる外車もけっこう多く例えばフランスのプジョー2008の新車価格は254万円~279万円で、アメリカのフォードエコスポーツの新車価格は246万円~253万円で、ドイツのフォルクスワーゲン・クロスポロの新車価格は280万円からなので諸経費を入れても00万円以内で買うことができそうです。


まとめ



40代後半だと国産車を買うなら新車でもほとんど手が届きそうですが将来に次に乗り換えたり、その車を下取りに出したりすることを考えればメーカーや車の色もよく考えた方が良いでしょう。
特にこだわりがなければメーカーはトヨタが無難で、車の色も黒や白やシルバーなどの一般的な色を選んだ方が良いでしょう。
トヨタは国内でも大手の自動車メーカーでネームバリューも高く下取り価格も安定していますし、車の色もあまり派手な色よりも黒や白やシルバーなどの色を選んだ方が無難です。
スポーツカーを買うならば赤など派手な色でもいいかもしれませんが、40代後半だとセダンタイプが多いのでやはり無難な色の方が良いでしょう。