車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

走り屋にはやっぱり6MT!軽のオープンスポーツというホンダの解答!

走り屋にはやっぱり6MT!軽のオープンスポーツというホンダの解答!

ホンダのライトウエイトオープンというとビートを思い出しますし、年配の人でしたらS600を思い出す人もいることでしょう。
もっともS600は50年以上前の車で当時は軽自動車のくくりではありませんでした。
現在にS600が蘇ると排気量や車のサイズなどは十分に軽自動車の範疇に収まります。当時の車が如何にコンパクトだったのかがわかります。
ホンダは時代の最先端を走る車を作りながらりながら売れなければ潔く撤退する・・を繰り返してきた自動車会社です。
それだからこそ新しいことに果敢にチャレンジする社風が受け継がれてきたのでしょう。
そういった視線でS660を見ると、新しさよりも懐古主義に戻った印象を受けるのです。
当然ですが、最新のテクノロジーに最新のエンジン、そして再び若者を自動車の世界に引きよせるポテンシャルを秘めている車です。
軽自動車であること、2シーターであることなど、買い手を選ぶ車ですし、「バカ売れ」する車ではありません。
しかし、そこに敢えて軽自動車の世界にオープンスポーツを作って打って出たホンダに喝采を送るべきですね。
スポーツカーならマニュアル車なのですが、それは全時代の発想でS660にはCVTも用意されています。
それでも走りを追求する人には6MTをオススメしたいのです。