車の情報ポータルサイト

車に関するお役立ち情報・雑学を定期配信しています!

車の情報ポータルサイト

~車に関するお役立ち情報を定期配信しています~

自動車メーカー各社の衝突軽減ブレーキを検証(トヨタ自動車編)

 

f:id:tkn2w:20170810095742j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】



衝突軽減ブレーキとは自動車が走行中に障害物を自動車に搭載されたレーダーやカメラからのさまざまな情報を、AI(人工知能)が分析し障害物との衝突を回避するためにドライバーに警告を発したり車のブレーキが自動的に行うシステムのことです。
衝突軽減ブレーキの開発は1991年から先進安全自動車の一環として行われ日本国内では、トヨタが2003年2月に発売したハリアーに初めてブレーキ補助操作システムが採用されています。
ただこれはブレーキ操作が自動的に行われるシステムではなく、ブレーキ操作が自動的に行われるシステムが導入されたのはホンダが同年6月に発売したインスパイアが初めてでした。


トヨタ自動車の安全装備「プリクラッシュセーフティシステム」の特徴



トヨタ自動車の安全装備「プリクラッシュセーフティシステム」は単眼カメラやレーザーレーダーやミリ波レーダーなどのセンサーが、前を走っている自動車と衝突する可能性が高いと判断すると搭載されたブザーやディスプレイでドライバーに表示し警報を促します。
もしセーフティシステムが先行車との衝突が避けられないと判断した場合は、プリクラッシュブレーキが作動し速度が自動的に低減し衝突による衝撃を軽減します。
トヨタ自動車のプリクラッシュセーフティシステムは広い視野で先行車などを識別することができる単眼カメラと、夜でも離れた距離まで感知でき雨や霧の日でもあまり影響を受けないミリ波レーダーが衝突の回避を支援します。


車種やグレードによって搭載される機能が異なるトヨタ自動車のプリクラッシュセーフティシステム



トヨタ自動車の安全装備「プリクラッシュセーフティシステム」は車種やグレードによって搭載される機能が異なり、例えばミリ波レーダー方式が採用されている車種はカムリ・SAI・プリウスα・MIRAI・アルファード・ヴェルファイア・ランドクルーザープラドです。
ただ全ての車種にプリクラッシュセーフティシステムが標準装備されているわけではなく、車種やグレードによっては標準装備されていたりメーカーオプション設定になっています。
レーザーレーダーと単眼カメラ方式が採用されている車種はアクア・エスティマハイブリッド・アリオン・カローラアクシオ・プレミオ・アベンシス・カローラフィールダー・ヴォクシー・エスクァイア・エスティマ・シエンタ・ノア・ヴィッツ・オーリス・スペイド・ポルテ・SAI・プリウスα・MIRAI・アルファード・ヴェルファイア・ハリアー・ランドクルーザープラドです。
ミリ波レーダーと単眼カメラ方式が採用されている車種はプリウス・プリウスPHV・クラウンアスリート・クラウンマジェスタ・クラウンロイヤル・マークX・ハリアー・ランドクルーザー・C-HRです。


まとめ



トヨタ自動車のプリクラッシュセーフティシステムは先行車だけでなく、歩行者も検知するので横断歩道を歩いている人をはねるのを防いでくれます。
全ての車種に標準装備されているわけではありませんが万が一のことを考えたら自動的にブレーキが作動する、プリクラッシュセーフティシステムはオプションでも購入する方が賢明かもしれませんね。

usdm.shop-pro.jp

自動車メーカー各社の衝突軽減ブレーキを検証(日産自動車編)

f:id:tkn2w:20170809071912j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】



衝突軽減ブレーキのセンサーは大きく分類するとステレオカメラや単眼カメラなどのカメラやミリ波レーダーや赤外線レーザーの3種類がありますが、衝突被害軽減ブレーキとは自動車が先行車や人などの障害物を自動的に感知して衝突を避けたり軽減する機能のことです。
交通事故を未然に防ぐアクティブセーフティと呼ばれる予防安全と、事故が実際に起きた場合の被害の軽減を目的とした、パッシブセーフティと呼ばれる衝突安全の技術が取り入れられています。
日本では機能や技術を過信してしまうという理由で、走行中の自動車の自動停止はあえて規制されていました。
しかし2017年に入り自動車メーカーの衝突軽減ブレーキは、ほぼ全てが自動停止が可能なタイプです。そこで今回は日産自動車の、衝突軽減ブレーキに関して詳しく検証していきます。


日産自動車の低速衝突軽減ブレーキの機能



日産自動車の低速衝突軽減ブレーキは時速15キロ未満で走行中に障害物に衝突する可能性がある場合に、バンパーに取り付けられたソナーがその障害物を検知しドライバーに警報音を発したり警告灯を点滅させることによって危険を知らせます。
さらに万一ドライバーがブレーキを踏むのが遅れたとシステムが判断すると、警報音やメーター表示での警告と共に自動的にブレーキが掛かり衝突を回避したり被害を軽減します。
取り付けられたソナーが先行車や人などの障害物があるかどうかを判断し、もし先行車や人が前方にいる場合には距離や先行車や歩行者の速度までも測定します。


日産自動車の安全技術開発の取り組み



日産自動車のエマージェンシーブレーキは時速約10キロから80キロの範囲で走行中に、前方の先行車や歩行者と衝突する可能性がある場合に自動的に停止したり減速します。
ただ道路の状況や大雨などの天候によっては、フロントに取り付けられたカメラの認識性能に限界があるようです。
この他にも日産自動車の安全技術としては踏み間違い衝突防止アシストがありこれは駐車する時などに前方にある障害物を検知し、ドライバーがその障害物に気付かないでアクセルを強く踏み込んだ場合に警告音と画面表示でドライバーに注意を促します。
さらに踏み間違い衝突防止アシストが自動的にブレーキをかけ、障害物との衝突を事前に防ぎます。


まとめ



確かに縦列駐車などは初心者や女性のなかには苦手にしている人も多いので、日産自動車の踏み間違い衝突防止アシストがあれば後方が見えなくても安全に行えそうです。


usdm.shop-pro.jp




中古車は下取りと買取りではどっちがお得かを検証してみる

f:id:tkn2w:20170809071634j:plain

 

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】


今まで乗っていた車を売り新車を購入する場合に愛車を下取りに出すのと、自分の車を売った上で新しい車を買うのがいいのか迷うことがあります。
新車を購入する場合に愛車を下取りに出すのであればディーラーが車の査定を行い、自分の車を売るのであれば中古車専門の販売業者や買取専門店が車の査定を行います。
同じ車でもディーラーと中古車専門の販売業者や買取専門店とでは、当然のことかもしれませんが査定のポイントも違ってきます。
そこで今回は下取りと買取りでは、どっちがお得かを詳しく検証してみます。


自動車の下取りと買取りはでは何が違うのか?


まず自動車の下取りとは今まで乗っていた車を売り新車を購入する際に、車を購入するディーラーなどにその車を売って新車の購入代金の一部に充てることを指します。
それに対して自動車の買取りとは中古車専門の販売業者や買取専門店にいま自分が乗っている車を売って、新車に買い替える時にそのお金を購入代金の一部に充てることを指します。
下取りも買取りもその車のメーカー・年式・走行距離・グレード・状態・オプションなどから市場価格を割り出しますが、下取りと買取りはでは新車を売りたいディーラーと中古車を買って再販する中古車専門の販売業者や買取専門店の思惑が違ってきます。


では下取りと買取りではどちらがお得なのか?


結論から言えば下取りと買取りではどちらがお得なのかは一概には言えず中古車専門販売店や買取専門店の場合は、あなたが売りたい車をさまざまな観点から査定して買取価格を出します。
それに対してディーラーの場合は新車の販売価格を大幅に割り引くことができないため、下取りの査定金額を割増すことで新車を購入して貰うこともあります。
またキャンペーン中だとディーラーの営業も販売目標に達成するために、通常の査定金額に上乗せしたりすることもあります。ただもしあなたが下取りすることを前提にしていると見透かされると、ディーラーの営業もそれなりの査定金額を提示してくることも忘れないようにしましょう。


まとめ



以前であれば新車に買い替える場合は下取りに出すことが普通でしたが、最近では中古車専門販売店や買取専門店に買取りしてもらう人がずいぶんと増えています。
新車を買う場合も最初からディーラーに下取りに出すと決めずに、中古車専門販売店や買取専門店で買取ってもらう場合の見積もりを出して貰うのも一つの方法です。
その上でディーラーの営業と交渉してより有利な査定金額を提示させたり、場合によっては中古車専門販売店や買取専門店に買取ってもらうことも選択肢の一つにするのも手です。

usdm.shop-pro.jp



車検の費用はなぜお店によって違うのかを検証

f:id:tkn2w:20170809071429j:plain

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】




自動車を購入する際に必ず車検証が必要で日本では道路運送車両法第58条で、自動車は国土交通大臣の行う検査を受け有効な自動車検査証の交付を受けているものでなければ、これを運行の用に供してはならないと定められています。
実は日本のような車検制度がある国は少なく、東南アジアの殆どの国には車検制度はありません。
車検の正式な名称は自動車検査登録制度で車検の目的は自動車を運転する上で、その車が法が定める基準に適合しているかを確認するために定期的に検査を行うこもです。そこで今回は意外と知っているようで、知らない車検について詳しく検証していきます。


車検の費用の詳細



車検には大きく法定費用と点検整備費や車検代行料の2つがあり、車検の法定費用とは自動車重量税・自賠責保険料・印紙代のことを指します。
この法定費用は自動車の種類や車両重量や、車検有効期間などによっても異なりますがどこで車検を受けても同じ金額が掛かります。
例えば軽自動車の自動車重量税は自家用乗用車で一律6600円(2年)ですが、自家用乗用自動車の自動車重量税は自動車の重量によって異なります。
エコカー減税対象自動車については自動車重量税は燃費基準によって免税か、75%・50%・25%のそれぞれの減税や本則税率と設定されています。
自賠責保険料は24ヶ月分で自家用乗用車の場合が2万5830円で軽自動車の場合が2万5070円と定められていて、印紙代は軽自動車が1400円で小型自動車が1700円で小型自動車以外の自動車は1800円です。


なぜカーディラーや整備工場の車検代は高いのか



点検整備費や車検代行料の2つはお店によって異なり車を購入したカーディラーや整備工場の方が、カーショップやガソリンスタンドより車検代の費用が高いのが一般的です。
これはカーディラーや整備工場の方がより安全性を重視しているからで、また交換する部品もカーディラーの場合はメーカー品を使用するのでカーショップやガソリンスタンドよりも高くなります。
さらにカーディラーでは使用期限が過ぎていなくても摩耗していると判断すれば、早めに取替することが多いので当然のことですが車検代の費用も高くなります。


まとめ



車検の法定費用を知りたければ自動車の車検にかかる法定費用をウェブ上で簡単に計算できるソフトがあるので、例えば自賠責保険料は車検が残っている場合と車検が切れてしまっている場合のいずれかを選択します。
そして検査手数料は車検証の自動車の種別を見て小型自動車か普通自動車を選択し、自動車重量税は初度登録年月を車検証の初度登録年月を見て選択します。
そうすると車検の法定費用の合計金額が表示されるので、後は点検整備費や車検代行料ですがどこで車検を受けるかはあなた次第です。

usdm.shop-pro.jp



高速道路でもし車が故障やパンクした場合の注意点

f:id:tkn2w:20170809071232j:plain

 

US仕様 USパーツ 通販専門店 【USDM ショップ】


近年では高齢者が高速道路で逆走したり子供のいたずらによる高速道路への落下物で、思いも寄らず高速道路で事故に巻き込まれることもあります。
また事故に巻き込まれなくても高速道路で車の故障やパンクが発生した場合の対処を間違うと、後続車に追突されたり運転手や同乗者がはねられる大惨事につながったりします。
そこで今回は高速道路でもし自分が運転している車が故障した場合に、どうすればいいのかや注意点について詳しく説明していきます。


高速道路でもし車が故障やパンクした場合に行うこと



高速道路でもし車が故障やパンクした場合は先ずはハザードランプを点灯し、停止表示器材を設置したり場合によっては発炎筒を発火します。
カーブで見通しが悪い場所に停車したり濃霧の場合などは、後続車に追突される恐れがあるからです。
そのためハザードランプを点灯させるだけでなく濃霧の場合などは発炎筒を発火しないと、後続車の運転者があなたの車が停止していることに気付かずに追突する可能性があるからです。
また車が故障やパンクした場合は本線や路肩を絶対に歩き回らないことが大事で、一般道と同じ気持ちで高速道路を歩き回ると大惨事につながります。


まずは安全な場所へ避難してから警察などへ通報する


高速道路でもし運悪く車が故障したりパンクした場合はハザードランプを点灯したり停止表示器材を設置したら、直ぐにドライバーと車は同乗者は後続車に注意しながらガードレールの外側など安全な場所に移動します。
そして安全な場所に待避した後に自分の携帯電話や高速道路に設置してある非常電話で、#9910(道路緊急ダイヤル)に通報します。
高速道路には本線の場合は1kmごとに非常電話が設置してあり、もしトンネル内で車が故障したりパンクした場合は200mごとに非常電話が設置してあります。


まとめ



高速道路で故障したりパンクした場合にドライバーだけが非常電話をしに行き、他の同乗者は車に残ったままいると後続車が停止している車に気付かずに追突する可能性があります。
必ずドライバーだけでなく同乗者も一緒に安全な場所に待避するようにしないと、車の中に残っていると後続車に追突される恐れがあり危険です。
高速道路を利用する際には車の故障やパンクに備えて、必ず三角表示板などの停止表示器材や助手席の足元に発炎筒があるかを確認して、もしなければ車に積載してください。

usdm.shop-pro.jp